Now Playing Tracks

最近なんかダルいわ…という人が「いつも疲れている」理由はこの9つ

■1:運動不足

■2:水を飲まない

■3:鉄分が足りない

■4:完璧主義者である

■5:朝食を抜く

■6:ジャンクフードの食べすぎ

■7:“NO”と言えない

■8:休暇中も仕事

■9:寝る前にアルコールを飲む
「いつも疲れてる人」理由はこの9つ:ワロタニッキ (via hevimeta)
あのね。金があるほど節約できるんですよ。節約にはお金がかかるの。ここで上がってる圧力鍋でもなんでもそうだけど、長い目で見た時に節約になるものを手に入れるには、初期投資が必要なんですよ。それをメンテしながら回収していくの。その元手もないから、割高なものを買わざるを得ないの。
Twitter / mikke219 (via shingi)

ユニクロが台頭しなくても大手総合スーパーの衣料品がそれなりに売れただろうし、GAPやZARA、H&Mなどの外資SPAも日本へ進出してきただろう。

結局、バブル期までのDCブランドや百貨店ブランドの高価格体質は、ユニクロが大躍進を遂げなくても90年代半ば以降のどこかで曲がり角を迎えていたのではないかと推測している。

オートクチュールとオーダーメイド以外の既製服は工業製品である。
工業製品である限りにおいて、大量生産化が進むと一品あたりの販売単価は下がる。
これはパソコンもテレビ受像機も冷蔵庫も洗濯機も自動車も同じである。

ユニクロ嫌いのファッション関係者に認識して欲しいこと | Fashionsnap.com

(1)はちみつ

お年寄りは「体にいいから」と食べさせがちなので、要注意。今はちみつは1歳前には食べさせてはいけないとされています。

(2)さ湯

飲まさなくていいとされています。母乳で十分です。

(3)ベビーパウダー

汗腺をふさぐので必要はないとされています。

(4)歩行器・おしゃぶり

これらは、使わなくてもいいとされています。今は、歩くのが遅くなったり、出っ歯になったりするので推奨されていないのです。

(5)離乳食

あまり早くから始めるとアレルギーの原因にも……。

(6)果汁

今、4~5か月で与えるのはよくないとされています。8~9ヶ月から野菜から始めるといいとされています。

(7)うつぶせ寝

これも昔の人はあまり知りません。乳児突然死症候群の原因になる可能性もあるので、あおむけに寝かせましょう。

(8)大人が噛み砕いた離乳食

虫歯菌を移すことになるので与えてはなりません。また、ピロリ菌がこの時期に口移しにより感染し、将来胃癌の要因になる場合も……!

勘違いしちゃダメ!今は非常識になっている「昔の育児常識」 - It Mama (via mnky)
多くの会社がサマータイムを導入する一方で、シエスタを導入した例はほとんど聞かないということがある。「節電に効果がありそう」と思わせるという意味ではサマータイムもシエスタも変わりはない。そして産総研の研究によれば、共に節電への効果は限られている。
 それなのに、採用にこれだけの差が付く背景には、シエスタには「昼寝」という怠け者のイメージが張り付いているからだろう。「あの会社は怠けている」と思われたくない、「朝早くから勤勉だねえ」と思われたいという意識が、サマータイムとシエスタを採用する会社数の差になって現れているのはないだろうか。
 どうせ共に節電に役立たないなら、私としては早起きを強いられるサマータイムより、快適な昼寝が楽しめるシエスタの方がずっといいと思うのだけれど。
サマータイム制に見る古い日本の非合理性:松浦晋也「人と技術と情報の界面を探る」 (via otsune)
動物園とか、水族館とか、親が子どもを連れて行くような場所に行くと大概しまじろうのキャラクターグッズを持ってスタンプラリーをやっている。住民票からは得られなくなってしまった教材の潜在顧客情報を、キャンペーンを通じて獲得できる仕組みを数年で造り上げたのである。
ベネッセが埋めた名簿屋のミッシング・ピース - 雑種路線でいこう (via otsune)
To Tumblr, Love Pixel Union